最適なラトビア向けeSIM: 比較、購入、ネットに繋がった旅へ

By: • 更新しました::

中世の面影が残るラトビアでの観光旅行にスマートフォンを使うなら、ラトビア向けeSIMが必見!タイムスリップしたような気分が味わえるラトビアの建造物や街並みは、リアルタイムで写真や動画をSNSでシェアしたくなるはず。ラトビア向けeSIMなら、良い電波状態を維持しながら移動中データ通信ができますよ!

この記事を読むことで、ゼロからeSIMのことを学べます。eSIMの使い方、どこの販売店がおすすめなのか、データプラン、購入方法など、今度のラトビア旅行で使えるeSIMの情報が満載でお届けします!

ラトビア向けeSIM スマートフォン データ通信 holafly モバイルデータ通信 携帯電話
ラトビア向けeSIMをゲットして、
ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly

ラトビア向けeSIMをすぐにご利用いただける要件まで解説するので、記事の最後までお見逃しなく!

ラトビア向けeSIMを使用するための要件

eSIMの購入と設定は、すべてオンラインでできるのが主な特徴です。さらに、他の海外ネット接続手段よりも、サービスのコスパとても良いです。

そんな旅行に便利な、ラトビア向けeSIMを最大限に活用するためには4つの条件があります。購入前に必ず確認しましょう。

  • 使っているスマートフォンが購入予定のeSIMに対応していること。eSIMは、まだ完全には普及していない技術のため、互換性のあるスマートフォン機種は限られてます。最新モデルの携帯端末ならeSIMに対応している可能性は高いです。
  • Eメールを持っていること。eSIMの設定手順とQRコードはEメールアドレスに送られるため、必要です。
  • eSIMのアクティベーション時にインターネット接続が可能であること。これは、プロバイダー側のサーバーからeSIMプロファイルをダウンロードするため重要です。ラトビアに到着してから、Wi-Fiスポットで行うこともできます。
  • 販売店により、eSIMのダウンロードには独自のアプリの利用を求められる場合があります。

全ての要件を満たしているなら、Holaflyが提供するラトビア向けeSIMの無制限データを購入して、快適な旅を満喫しよう!

ラトビア旅行向けeSIMの販売店

ここからは、ラトビアで利用できるeSIMのオプションを見ていきます。旅行者向けのeSIMプランを販売するオンラインショップが数多くあります。どこでどのプランを購入すればお得なのか迷っちゃいますよね。そこで今回は、おすすめのラトビア向けeSIMを販売している販売店を3つ紹介します。

  • Holafly(オラフライ)
  • Flexiroam(フレキシローム)
  • Gigsky(ギグスカイ)

各販売店のラトビア旅行向けeSIMの料金とデータプラン

ラトビア向けeSIMの価格は気になるところですよね?上記でご紹介した販売店の料金プランを以下でまとめました。プランのデータ容量、利用期間と料金は各販売店ごとに異なります。この情報をよく読んで、ご自身のニーズに合ったプランを選びましょう。

Holafly ラトビア向け無制限のデータプランと料金

  • 5日間 – ¥2,400
  • 7日間 – ¥3,400
  • 10日間 – ¥4,400
  • 15日間 – ¥5,700

Flexiroam ラトビア向けのデータプランと料金

  • 1GB / 3日間 $6.00 | ¥770
  • 3GB / 8日間 $17.00 | ¥2,190
  • 5GB / 15日間 $29.00 | ¥3,730
  • 7GB / 24日間 $36.00 | ¥4,630
  • 10GB / 24日間 $47.00 | ¥6,040

GigSky ラトビア向けのデータプランと料金

  • 1GB / 7日間 $4.99 | ¥640
  • 10GB / 30日間 $37.99 | ¥4,880
  • 50GB / 90日間 $179.99 | ¥23,140

ラトビア向けeSIM販売店の比較表

販売店データプラン利用期間料金言語購入方法
Holafly無制限10日¥4,400日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語ウェブ上
Flexiroam5GB 15日¥3,730英語ウェブ上、App Store、Google Play
Gigsky1GB7日¥640英語ウェブ上、App Store、Google Play
表1. ラトビア向けデータ通信eSIMの販売店別比較表

上記の料金は、原材料の高騰や諸経費の値上がり、人件費を含む製造コストの高騰等さまざまな理由にて変動することがありますので参考までに。

ラトビア向けeSIMについて知っておくべきこと

eSIMの販売店や価格等がわかったところで、eSIMの主な特徴をチェックしましょう。こうすることで、他のネット接続手段と比べて、eSIMが自分のニーズに合ってるか、理解して納得したうえで購入に進むと、失敗も防げるでしょう。

  • 多くのeSIMカードはデータ通信のみの提供で、音声通話は利用できません。通話はSkypeやLINEなどを介しすることで利用可能です。詳細については各販売店にお問い合わせください。
  • eSIMは一度のみインストールが可能です。開通に問題がある場合は削除せず、eSIM販売店までお問い合わせください。
  • eSIMにより自動的にAPNが設定されます。
  • iPhoneは複数のプランを併用できますが、1度に使用できるのは1つです。
  • 一部のeSIMではテザリングが使用可能です。
  • 「デュアルSIM」機能により、すでに所有してたSIMは継続して使用できます。事前に必要な設定をしておくと、高額請求を防ぐことができますよ。

他の国にも興味があれば、次の記事もおすすめです。スロベニア向けeSIMスウェーデン向けeSIMカナダ向けeSIMイギリス向けeSIM、または韓国向けeSIM

ラトビア旅行向けeSIMの通信エリア

eSIMの購入前にもう1つ確認しておきたいことは、渡航先の電波状況です。海外データプランを選ぶときは、必ずどこの現地通信会社の回線を使うことになっているのか確認しましょう。

例えば、Holaflyのラトビア向けeSIMは、Bite Mobileという通信会社の回線を利用してサービスを提供しています。

なぜ確認が必要かというと、通信サービスの品質は現地キャリアの電波状況次第だからです。プランが安ければ安いほど、電波状況が悪かったり、通信できるエリアが限られていたりする傾向にあります。なので、現地の大手キャリアと多くのローミング提携を持つeSIMプランを選べば、広範囲でデータ通信を問題なく利用することができます。

では、高品質なサービスを提供しているラトビアの通信会社はどれなのか?「Bite Mobile」、「Tele2」、「LMT」の3社は、安定した通信サービスを広範囲のエリアで提供しているキャリアです。

以下で各キャリアの通信対応エリアを地図でご確認いただけます。

Bite Mobile 4G回線 ラトビア内サービスエリアマップ

ラトビア向けeSIM スマートフォン データ通信 holafly Bite
Bite サービスエリアマップ 引用元:GSMA

Tele2 3G&4G回線 ラトビア内サービスエリアマップ

ラトビア向けeSIM スマートフォン データ通信 holafly Tele2
Tele2 サービスエリアマップ 引用元:GSMA

LMT(Telia) 4G回線 ラトビア内サービスエリアマップ

ラトビア向けeSIM スマートフォン データ通信 holafly LMT
LMT(Telia)サービスエリアマップ 引用元:GSMA

eSIMを提供しているラトビア現地の通信事業者

ラトビアにあるすべての通信事業者から、旅行者向けのプリペイドSIMも購入できます。ただ、多くの場合は、物理SIMカードのみの販売になっています。

ラトビアでは、旅行客でもスーパーマーケットやコンビニでさまざまなデータプランが付いた物理SIMカードを購入することができます。ただ、eSIMの販売に関しては、現地在住者のみを対象にしています。

ラトビアで、eSIMサービスを提供している通信キャリアは以下の3つです。

  • Tele2
  • Bite
  • LMT

東ヨーロッパの旅行を検討中なら、次の記事も要チェック!チェコ向けeSIMポーランド向けeSIM

ラトビア向けeSIMに関するよくある質問

最後に、ラトビア向けeSIMについて以下のQ&Aをご参考にどうぞ。

ラトビア向けeSIMの購入にはパスポートが必要ですか?

パスポートの提示は通常必要ありません。しかし、販売店により住所の提示が必要になる場合もあります。

国際プリペイドeSIMに有効期限はありますか?

物理SIMカードと同様に、eSIMにも有効期限があります。

ラトビア向けeSIMをアクティベートするには?

アクティベーション方法は、基本的に、使っているスマートフォンのオペレーションシステム(OS)によります。多くの場合、まずはEメールに届いたQRコードを読み取ります。その後、eSIMをモバイルデータ通信の主回線に設定し、データ通信とローミングをONにすると、利用を開始できます。

ラトビアでインターネットに接続するほかの方法は?

ラトビアでeSIM以外にネット通信ができる手段はほかにも、ポケットWi-Fiや海外ローミングがあります。しかし、これらは高額で、面倒な手続きが必要なためおすすめはしません。場所によっては公共の無料LANスポットは利用できますが、セキュリティーに関しては安全とは言えません。

これらの記事も読まれています

他の旅行先でも使えるeSIMを以下の記事で紹介してます。

5/5 - (1 vote)

コメントする