最適なアジア向けeSIM: 比較、購入、ネットに繋がった旅へ!

By: • 更新しました::

アジア向けeSIMを使用すると、ローミング料金を気にせずアジア旅行を存分に楽しむことができます。 最新技術のeSIMでローミングによる高額請求を避けて、さまざまな国で冒険をしましょう!

eSIMについてまだ知らなくてもご安心ください。この記事では、海外の通信業者、現地eSIM、その特性、料金など、eSIMのさまざまなプランを比較してご紹介します。

esim アジア スマートフォン データ通信 holafly
アジア向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly

海外旅行でお金を節約できるよう、eSIMにまつわるすべての情報をお届けするので、最後までお見逃しなく。

アジア向けeSIMを使用するための要件

eSIMは使いやすく、簡単に購入ができますが、下記の要件をすべて満たす必要がありますので、ご注意ください。

  • eSIMに対応している携帯端末:お使いの携帯端末が、eSIMのサービスを提供する通信業者と回線契約をされていることをご確認ください。多くの販売店は、iPhone XR 以降のモデルを対象としています。ご購入前に、eSIMの通信業者、または販売店に端末と互換性があるか確認されることをおすすめします。
  • Eメールアドレス:eSIMの登録と受け取りに必要です。
  • インターネットに接続できる環境:インストールとアクティベーションの手順を実行するために必要です。eSIMプロファイルは、QRコードまたはインストールコードをスキャンした後、オペレーターのサーバーからダウンロードされます。
  • 一部の販売店では、eSIMをインストール、または管理するためにアプリのダウンロードを必要とする場合がございます。

全ての要件を満たしているなら、Holaflyが提供するアジア向けeSIMのデータプランを購入して、快適な旅を満喫しよう!

アジア旅行向けeSIMの販売店

次に、アジア向けeSIMを提供している販売店のリストをまとめました。これらの販売店は、どこにいてもeSIMを購入することができ、必要なデータ数と日数を選択できます。

下記の3社は、アジア向けeSIMの販売店で、海外への観光や出張で使用するための国際用eSIMを販売しています。

  • Holafly(オラフライ)
  • SIMTEX(シムテック)

各販売店のアジア旅行向けeSIMの料金とデータプラン

アジアでeSIMサービスを提供している2社の詳細をまとめました。 これらを比較し、最適な料金を選択することができます。

Holafly アジア向けのデータプランと料金

  • 8GB / 30日間 | 6,900円

SIMTEX アジア向けのデータプランと料金

  • 5GB / 30日間 | 10,090円

アジア向けeSIM販売店の比較表

販売店データプラン利用日数料金言語購入方法
Holafly8GB30日6,900円日本語、英語ウェブ上
Simtex5GB30日10,090円英語ウェブ上
表1. アジア向けデータ通信eSIMの販売店別比較

上記の料金は、原材料の高騰や諸経費の値上がり、人件費を含む製造コストの高騰等さまざまな理由にて変動することがあります。

アジア向けeSIMについて知っておくべきこと

eSIMを購入するための要件が、物理SIMとは少し異なるように、機能も物理SIMカードとは異なります。

  • 多くのeSIMは、アナログ回線(電話回線)を提供しておらず、データ通信のみを販売しています。 音声通話が必要な場合は、LINEやSkypeなどのアプリでご使用いただけます。
  • eSIMのインストールは1回のみです。万一、eSIMに問題が発生した場合は、携帯端末から削除せず、eSIMの販売店へご連絡ください。
  • 一部のeSIMは、自動的にAPNを設定します。
  • iPhoneには、複数のデータプランを追加することができます。これは利用可能なメモリーによって異なりますが、ご利用可能なのは一度に1つまでです。
  • 一部のeSIMでは、テザリングがご利用可能です。
  • iPhoneでは、デュアルSIM機能があるため、アジアに旅行する際には、日本でご利用のSIMをそのまま使用できます。ローミングの高額請求を避けるために、iPhoneのデータローミングの設定を忘れないでください。

他の国にも興味がありましたら、次の記事もおすすめです。タイ向けeSIMカタール向けeSIM香港向けeSIMインドネシア向けeSIM、または台湾eSIM

アジア旅行向けeSIMの通信エリア

アジアでのデータ通信品質は、eSIMの通信範囲によって異なります。特に格安eSIMなどは、十分な通信サービスを提供していない場合がありますので、ご注意ください。アジアで十分な通信範囲の提供及びeSIMの取り扱いを行なっている主な通信事業者は、ローミング契約数を最も多く取得している「China Mobile」、「Ais」、「Viettel telecom」、「Mobifone」、または 「NTT Docomo」などです。

NTT Docomo 3G回線 日本内サービスエリアマップ

NTTDocomo esim 日本 アジア スマートフォン データ通信 holafly モバイルデータ通信 カバー 範囲
NTT Docomoサービスエリアマップ 引用元: GSMA

China Telecom 3G回線 中国内サービスエリアマップ

China Telecom esim 中国 アジア スマートフォン データ通信 holafly モバイルデータ通信 カバー 範囲
China Telecomサービスエリアマップ 引用元: GSMA

Ais 3G回線 タイ内サービスエリアマップ

Ais esim タイ アジア スマートフォン データ通信 holafly モバイルデータ通信 カバー 範囲
Aisサービスエリアマップ 引用元: GSMA

eSIMを提供しているアジア現地の通信事業者

2019年10月31日に中国で5G回線サービスを開始した通信事業者は、「China Mobile」、「China Telecom」と「China Unicom」です。アジア在住の方は、多くの通信事業者で物理SIMカードをeSIMに変更することができます。しかし、eSIMを取得するには、特定の要件も満たしている必要があります。以下に、eSIMを提供している通信事業者をまとめました。

  • Ais(エーアイエス)
  • Viettel Telecom(ベトテルテレコンム)
  • Airtel(エアテル)
  • Globe(グローブ)
  • M1(エムワン)
  • Celcom(セルコム)

ヨーロッパ旅行をお考えなら、次の記事も要チェック!フランス向けeSIMヨーロッパ向けeSIM

アジア向けeSIMに関するよくある質問

最後に、アジア向けeSIMに関するよくある質問をご紹介します。

アジア向けeSIMを購入するにはパスポートが必要ですか?

購入する際に、パスポートを提示する必要はありません。通信事業者によっては、住所などの情報の提示が必要な場合があります。

アジア向けeSIMでテザリングできますか?

アジア向けeSIMを使用すると、テザリングがご使用いただけます。ただし念のため、詳細については販売店にご確認いただくことをおすすめします。

アジア向けのeSIMを有効化にする方法は?

まずeSIMのプロファイルをインストールします。次に、新しいデータプランを主回線として選択し、データをオンにすると、利用開始できます。

国際eSIMに有効期限はありますか?

物理カードと同様に、eSIMにも有効期限があります。

これらの記事も読まれています

5/5 - (1 vote)

コメントする